LONGINES

Brand official site
  • ロンジンの創業者たち、オーギュスト・アガシ(左)と、アーネスト・フランシロン(右)
  • 「翼の砂時計」のロゴマークは、現在も使用されている世界最古の商標登録されたロゴマーク。砂時計は時間を、翼は未来への羽ばたきを表現。

Elegance is an attitude
~エレガンス、それは私の意志~

ロンジンは、1832年の創業以来スイスのサンティミエに拠点を置き、「伝統・エレガンス・パフォーマンス」をテーマに時計製作を続けています。 オーギュスト・アガシにより誕生したロンジンは、1929年までに10以上ものグランプリを万国博覧会で獲得し、当時「最も受賞数の多いブランド」として知られるに至りました。

Elegance is an attitude
~エレガンス、それは私の意志~

ロンジンは、1832年の創業以来スイスのサンティミエに拠点を置き、「伝統・エレガンス・パフォーマンス」をテーマに時計製作を続けています。
オーギュスト・アガシにより誕生したロンジンは、1929年までに10以上ものグランプリを万国博覧会で獲得し、当時「最も受賞数の多いブランド」として知られるに至りました。

またロンジンは、1878年のクロノグラフ機能が搭載されたムーブメント「キャリバー20H」開発以降、乗馬やテニス、アルペンスキーなどの世界的なスポーツイベントの公式タイムキーパーや国際スポーツ連盟のパートナーとして豊かな経験を有します。 さらに、1919年に国際航空連盟(FAI)に公式認定されてから、航空機の世界においてパイオニア精神に満ちた飛行士たちを支援し、1927年にはチャールズ・リンドバーグの大西洋単独無着陸横断飛行を計測したことでも有名です。。

ロンジンのタイムレスなエレガンスは、常に刷新されてきたクラシカルなデザインと洗練性の絶妙なバランスの中に根ざしており、今尚、時計制作の伝統や歴史的価値を確かに守り続けています。

Topics

「ロンジン プレシジョン賞 2012」受賞のアーチェリー選手、決定

サンティミエ / 東京 2012年9月23日 ロンジンは9月23日(日)、東京で開催中のアーチェリーワールドカップファイナル東京大会において、韓国のアーチェリー選手 キ・ボ・バエ(女子)と、アメリカのアーチェリー選手 ブレィディ・エリソン(男子)に「ロンジン プレシジョン賞 2012」を贈ることを発表しました。この賞は、2012年ワールドカップシーズンを通して卓越したパフォーマンスを披露した選手を称え、贈られるものです。

楽天ジャパン・オープン2011 男子シングルス勝者2名にロンジンウォッチが贈られる

10月9日に行われた「男子シングルス決勝」は、アンディ・マリー選手とラファエル・ナダル選手が対戦、アンディ・マリー選手が勝利に輝きました。決勝戦出場選手2名には、スウォッチ グループ ジャパン株式会社 代表取締役社長 クリストフ・サビオより「ロンジン アドミラル」が贈呈されました。

CUSTOMER SERVICE

ロンジンの時計の修理・メンテナンスをご希望の場合は、カスタマーサービスにご依頼ください


CUSTOMER SERVICEカスタマーサービス

RECRUITMENT


Recruitment求人情報