OMEGA

Brand official site
  • オメガ独自のコーアクシャル脱進機は、部品間の摩擦を大幅に軽減することで、長期に渡って安定した高精度を提供する革新的な機構
  • 1969年、アポロ11号の月面着陸に同行し、月で時を刻んだはじめての、そして唯一の時計となったオメガスピードマスター

パイオニア スピリット

オメガの第一歩は、1848年、時計師ルイ・ブランがスイスのラショードフォンに時計工房を開設したことに始まります。オメガの160年以上にわたる歴史は、そのまま、スイス時計産業の発展の歴史といっても過言ではないでしょう。オメガは、初めて互換性のある部品による分業方式を採用したメーカーです。これにより時計の精度が飛躍的に高くなった19型キャリバー(1894年発表)には「最高」「究極」の時計であるという自負からギリシャ語アルファベットの最終文字「Ω=オメガ」と命名されました。

パイオニア スピリット

オメガの第一歩は、1848年、時計師ルイ・ブランがスイスのラショードフォンに時計工房を開設したことに始まります。 オメガの160年以上にわたる歴史は、そのまま、スイス時計産業の発展の歴史といっても過言ではないでしょう。オメガは、初めて互換性のある部品による分業方式を採用したメーカーです。これにより時計の精度が飛躍的に高くなった19型キャリバー(1894年発表)には「最高」「究極」の時計であるという自負からギリシャ語アルファベットの最終文字「Ω=オメガ」と命名されました。1903年には「OMEGA」が社名に正式採用されました。以降、精度コンクールで次々と好成績を収め、精度記録を更新しました。

オメガはまた、人類が挑むさまざまな場面で次々と活躍してきました。1932年に発表されたオメガ初の防水時計は135メートルの防水性を誇り、1957年に誕生したクロノグラフのシリーズ「スピードマスター」は、NASA(米航空宇宙局)のアポロ計画によって月で時を刻んだ初の、そして唯一の時計となりました。スピードマスターは、現在も宇宙における船外活動で使用が認められた唯一の時計です。1932年にロサンゼルスオリンピックで初めて全競技の公式計時を担当したオメガは、これまでに他のどのブランドよりも多い24回の計時を担当し、2020年までの公式計時を担当することがすでに決まっています。

技術開発においてもオメガは、200年以上改革されることのなかった脱進機の革新にも成功し、時計の歴史に新しいページを加えました。脱進機とは、時計の速度を調節する時計の心臓部です。オメガの「コーアクシャル脱進機」は、イギリスの時計師ジョージ・ダニエルズ博士によって1970年代に発明されたものをベースに、オメガが腕時計に搭載すべく改良を加え、1999年に量産化に成功した機構です。コーアクシャル脱進機は、腕時計の最大の敵である摩擦を大幅に軽減することに成功しました。これによって安定した高精度が長期に渡り提供できるようになったのです。

Topics

CUSTOMER SERVICE

オメガの時計の修理・メンテナンスをご希望の場合は、カスタマーサービスにご依頼ください


CUSTOMER SERVICEカスタマーサービス

BOUTIQUE

RECRUITMENT


Recruitment求人情報