Swatch

Brand official site
  • SULVERSCAPE 1
  • SULVERSCAPE 2
  • SULVERSCAPE 3
  • Mother’s day 1
  • Mother’s day 2
  • Mother’s day 3
  • Mother’s day 4
  • Swatch The Eyes 1
  • Swatch The Eyes 2
  • Swatch The Eyes 3
  • Swatch The Eyes 4
  • Swatch The Eyes 5
  • Swatch The Eyes 6

「セカンド・ウォッチ」の
素晴らしい冒険

スウォッチの革命は、時計作りの歴史を変える重要な出来事でした。スウォッチの物語が始まったのは、1970年代後半。
当時、優れた職人技から生まれるスイス製腕時計は、独自の価値観を持ち、「一生モノ」という概念の基、大切に扱われていました。手作業で作られる機械式ムーブメントを備えた腕時計は、世代から世代へ何世紀も受け継がれ、伝統的な知識と技術の結晶だったのです。

「セカンド・ウォッチ」の素晴らしい冒険

スウォッチの革命は、時計作りの歴史を変える重要な出来事でした。スウォッチの物語が始まったのは、1970年代後半。
当時、優れた職人技から生まれるスイス製腕時計は、独自の価値観を持ち、「一生モノ」という概念の基、大切に扱われていました。手作業で作られる機械式ムーブメントを備えた腕時計は、世代から世代へ何世紀も受け継がれ、伝統的な知識と技術の結晶だったのです。ところが、わずか数年のうちに、スイス製腕時計の輸出額は半減。50%を超えていたスイスの市場占有率は15%へと後退。アジアからの競争に押されて、時計製造業の雇用数も90,000件から25,000件未満へと激減し、スイスの腕時計メーカーは絶滅の危機に追いやられたのです。

そこに登場したのが、故ニコラス・G・ハイエック氏です。彼の斬新な提案と革命的なアイデアは、「セカンド・ウォッチ」という発想でした。高価で精密な機械式ではなく、エレガントなデザインや豊かな発想力の基、個性的で斬新、そして何より、「プラスチック」(!) という素材に象徴される“柔軟”なアイデアで腕時計の概念を根本から覆し、1983年に「スウォッチ」が誕生しました。手ごろな価格により、セカンド・ウォッチを買った人々は、3個目、4個目と求めるようになり、その後瞬く間に、世界中で大ブームを引き起こしました。

現在、世界最大規模のブランドへと成長したスウォッチは、ファッション、アート、そしてスポーツの最新のトレンドを取り入れた、カラフルでポップなアクセサリー・メーカーとして、広く知られています。

スター・ブランドの座へ駆け上がる一方、研究技術から製品の設計・製造、マーケティング、コミュニケーション、小売流通に至る全てに創造性を活かし、オールラウンドな革新的企業という評価も確立しています。

Topics

SWATCH(スウォッチ)、フォール/ウィンター・コレクション第2弾を9月10日より順次発売

スウォッチ グループ ジャパン株式会社スウォッチ事業本部(本社:東京都中央区)は2015年9月10日(木)より、秋冬コレクション第2弾、エキゾチック チャーム(EXOTIC CHARM)、ストリート エナジー(STREET ENERGY)の2コレクション、39品番をスウォッチ ストア、全国のスウォッチ取扱店にて順次発売します。

SWATCH(スウォッチ)がサポートするコンテンポラリーアーティスト、ジョルディ・フォルニエス氏の展覧会を11月6日より開催

スウォッチ グループ ジャパン株式会社スウォッチ事業本部(本社:東京都中央区)は2015年11月6日(金)より、Cité du Temps GINZAにてSWATCHがサポートするスペイン人アーティスト、ジョルディ・フォルニエス(Jordi Fornies)氏の展覧会を開催いたします。

SWATCH(スウォッチ)、フォール/ウィンター・コレクション 第1弾を7月16日より順次発売

スウォッチ グループ ジャパン株式会社スウォッチ事業本部(本社:東京都中央区)は2015年7月16日(木)より、秋冬コレクション第1弾、テック モード(TECH-MODE)、スポーツ ミキサー(SPORT MIXER)、グルエッツィ オール!(GRÜEZI ALL!)*の3つのコレクション、77品番をスウォッチ ストア、全国のスウォッチ取扱店にて順次発売します。

BOUTIQUE

Swatchのブティック情報

RECRUITMENT


Recruitment求人情報