TOPICS

グラスヒュッテ・オリジナル「ダイアル・マニュファクトリー」

フォルツイムの新工房/1,300㎡での高度な文字盤制作

2013年3月6日、グラスヒュッテ・オリジナルはダイレクター、ギューンター・ヴィーガントにより、ドイツ・フォルツハイムの近代的な自社の文字盤工房の開設を宣言しました。設備マネージャー、カート・ミュラーとともに1,300㎡の明るい施設をゲストに披露しました。

シュトゥットガルト通り24番地に位置するこのダイアル・マニュファクトリーには、文字盤を製作するために最先端の機械をそろえています。しかしながら今まで通り、多くの工程の細部は手作業によって製作を行っています。

この文字盤工房は2006年半ばにスウォッチグループが買収し、2012年の初めよりグラスヒュッテ・オリジナルの専用工房として合併されました。限られたスペースの中で文字盤製作の増大を計画していたため、グラスヒュッテ・オリジナルのマネージメント達は、古い工房ビルの建て直しと工作機械の入れ替えを決定しました。現在では、48人がフォルツハイムの工房で文字盤の製作に携わっており、5名の訓練生も在籍しています。数年中には人員を倍増する計画です。

ヴィーガントはこの新工房について、次のように述べています。

「時計製作において最も難しい工程の一つである文字盤製作は、疑いなく時計自体の価値を高める。そして、難しい文字盤製作の伝統をこのフォルツハイムの自社工房で行えることはグラスヒュッテ・オリジナルの強みであり、将来さらに発展させていきます。」

文字盤製作の背景
グラスヒュッテ・オリジナルのダイアル・マニュファクトリーは、文字盤の地板を製作する数少ない工房です。文字盤の種類により、地板はイエローゴールドやホワイトゴールド、ジャーマンシルバーやマザー・オブ・パールなど高価で希少な素材で製作します。文字盤の厚みは平均で0.8mmの薄さです。非常に繊細なマザー・オブ・パールのような特別な素材の場合、0.4mmの地板に0.4mmの有機素材を貼り合わせます。

インデックスの取り付けや品質、仕上げの確認など、ほとんどの工程は手作業で行っています。例えばセブンティーズ・パノラマデイトのブルー文字盤はサンバースト装飾を施してあり、これには回転する真鍮製のブラシを手で操作し装飾を施します。その後ラッカーの塗装工程やガルバナイズ工程に進み色を付けます。

その後文字盤を110~140℃の温度で2時間焼き、色が正しく仕上がります。

文字盤製作の最も難しい工程の一つにプリンティングが挙げられます。例えばセネタ・オブザーバーの文字盤の表面には、インデックスとアラビア数字はアプライドより印刷が適しています。印刷にはよく知られている「パッド・プリンティング」の技法を用います。

彫られた型に流されたインクをパッドで持ち上げ、ラバー印のように文字盤上にスタンプします。文字盤が完成に至る前には、6つもの品質テストをパスしなければなりません。1枚の文字盤は全部で75工程を経て最上質なクォリティに達し、グラスヒュッテ・オリジナルのタイムピースの顔となるのです。

Related Brands