TOPICS

カルバン・クライン ウォッチ、バーゼルワールド2014で新作を発表

カルバン・クライン ウォッチはバーゼルワールド2014で、2014年度新作を祝してディナーを主催し、北米、欧州、アジアの各校で学生向けデザインコンペティションの開催を発表いたしました。

世界最大の時計と宝飾の見本市バーセルワールド2014が3月27日からスイス バーゼルで開催され、カルバン・クライン ウォッチの新作が発表されました。
カルバン・クラインのメンズ&ウィメンズ シューズ&アクセサリーのクリエイティブ・ディレクターを務めるUlrich Grimm/オーリック・グリム氏指揮のもとデザインされた2014カルバン・クライン ウォッチの注目作は、コンテンポラリースタイルを強調するため新たにデザインが見直されたアイコニックモデル、カルバン・クライン ボールドの3針そしてクロノグラフモデル。
また、流れるようなピュアなラインが特徴の自信に満ち溢れた女性のための洗練されたウォッチ、カルバン・クライン ボディ。カルバン・クライン カラーはその鮮やかな色彩が週末のカジュアルな、またはシックな装いにもパーフェクトなアクセントになる新作です。このユニークな時計のケース素材はアルミニウムで、フレッシュでミニマルなデザインが男性、女性ともに理想的なウォッチとなっています。

カルバン・クライン ウォッチのブース
カルバン・クライン ウォッチのブース内
カルバン・クライン ウォッチのブースを
訪れたハネリ・ムスタパルタ
カルバン・クライン ウォッチのブースを
訪れたキアラ・フェラー二と
ニコル・ウォーン
カルバン・クライン ボールド(5月発売予定)
カルバン・クライン ボディ
カルバン・クライン カラー(6月発売予定)

カルバン・クライン ウォッチでは、バーセルワールド2014の期間中である3月28日に2014年新作を祝して、スイスバーゼルにあるバーゼル市立美術館で招待客限定のディナーを主催し、コンテンポラリーヴァイオリニストのチャーリー・シエムによるパフォーマンスも行われました。
ディナーの席上、カルバン・クライン ウォッチ&ジュエリーの社長ラウラ・ブルデゼ氏は、カルバン・クライン ウォッチ&ジュエリーが、ミラノのIED (Instituto Europeo di Design)、上海のDonghua University、ニューヨークのFashion Institute of Technologyと提携して、学生向けの時計ジュエリーコンペティションを開催することになった旨を発表いたしました。コンペティションに参加する3校の学生らは、自らのカルバン・クライン ウォッチ&ジュエリーのブランド要素を盛り込んだデザインを発表することになります。このコンテストは生徒たちに、実体験と、自分たちの作品を通してグローバルな世界に触れる機会を与えるだけでなく、3大陸の優秀なデザイン校の生徒らによりブランドに新たな風を吹き込むことが期待されています。生徒たちの作品は、素材や細部、パッケージ、使いやすさ、機能性など、カルバン・クラインのブランド要素に一致したクリテイティブ性をもとに評価されます。審査はスプリング2014の期間中に行われ、各校の勝者にはあらかじめ決められた賞金が与えられます。また各校の優勝者には、バーゼルワールド2015で作品を展示する機会が与えられます。

デザインコンペティションの審査員を務めるのは、ラウラ・ブルデゼ氏、オーリック・グリム氏、The Blonde Salad(イタリア、ミラノ)の創設者でもあり人気ブロガーのキアラ・フェラー二氏、カルバン・クラインのオフィシャルソーシャルメディアプラットフォームを手掛ける写真家、ブロガー兼モデルのハネリ・ムスタパルタ氏、Gary Pepper Girl(オーストラリア、シドニー)のクリエイティブ・ディレクターを務めるモデル兼ブロガーのニコル・ウォーン氏など、今回のイベント参加者らが顔を連ねます。イベント当夜は、フェラー二氏、ムスタパルタ氏、ウォーン氏、シエム氏らがカルバン・クライン コレクションとカルバン・クライン ウォッチ&ジュエリーの最新作を身にまとい現れました。

バーゼル市立美術館
バーゼル市立美術館内、ディナーテーブル
カルバン・クライン ボールドを
身に着けてイベントに現れた
キアラ・フェラー二
カルバン・クライン ボディを
身に着けてイベントに現れた
ニコル・ウォーン
(左から)キアラ・フェラー二、
ラウラ・ブルデゼ、オーリック・グリム、
ハネリ・ムスタパルタ、ニコル・ウォーン
コンテンポラリーヴァイオリニストの
チャーリー・シエム

カルバン・クライン ウォッチの新作はこちらの店舗でご覧いただけます。
またお近くの取扱い店舗をお探しの際は下記までお問い合わせ下さい。

カルバン・クライン ウォッチ/スウォッチ グループ ジャパン
TEL:03-6254-7380