TOPICS

2014年度ロンジン ワールド ベスト レースホース セレモニーを ロンドンで開催

ランキング最高位130ptとなる日本馬ジャスタウェイを表彰

「エレガンスと革新の融合」をテーマに時計作りを続け、創業180 周年以上の歴史を有する ロンジンは、国際競馬統括機関連盟(IFHA)と共に2015 年1 月20 日(火)、2014 年度のロンジン ワールド ベストレース ホース セレモニーをイギリスのロンドンを代表するホテル、クラリッジズで開催し、日本馬ジャスタウェイが最高成績となる130 ポイントを獲得し表彰をおこないました。



本年度のセレモニーは、2013 年12 月にロンジン香港国際競走のガラディナーの場で初めて行われた、ロンジン ワールド ベスト レース ホース セレモニーに続き、2 年目の開催となります。
ロンジン ワールド ベスト レースホース ランキングは主要レースにおける競走馬のパフォーマンスをもとに、世界各国のハンデキャッパーにより集計されます。
第一回目となる2013 年は、ブラックキャビア(オーストラリア)とトレヴ(フランス)が同率の成績で、世界トップの競走馬として表彰されました。
2014 年度は、G1 レース、ドバイ デューティーフリーステークスで圧勝した日本のジャスタウェイが通年でランキング トップを維持し、受賞に至りました。

ロンジン ワールド ベスト レースホースのトロフィーは“エクウス” と呼ばれるクリスタル オーナメントで、毎年、ロンジン ワールド ベストレースホース
受賞馬の名前が刻まれます。

また、受賞馬に輝いたジャスタウェイの馬主である大和屋 暁様、調教師須貝 尚介様、騎手福永 祐一様の関係者には「 コンクェスト クラシック」が贈呈されました。
そして、ジャパン・オータム インターナショナル ロンジン賞 第34 回ジャパンカップ(G1)(国際招待)を制した同じく日本馬のエピファネイアが129ポイントで2位に輝きました。127 ポイントとなる同率3 位には、香港のエーブルフレンド、イギリスのキングマンと同じくイギリスのザグレーギャツビー、アイルランドのオーストラリアと2 度の年間南アフリカ代表馬であるバラエティクラブがその栄誉を手にし、それぞれ授与式が行われました。

「コンクェスト クラシック ムーンフェイズ」はロンジンの乗馬スポーツに対する情熱に捧げられたコレクションです。すべてのモデルに自動巻キャリバーが搭載されている本コレクションは、ロンジンのブランド価値であるエレガンス、伝統、パフォーマンスを忠実に再現し、コンテンポラリーなスタイルで、正にタイムレスと言えるコレクションです。2015年に新たにコレクションに加わった「コンクェスト クラシック ムーンフェイズ」には、ムーンフェイズ表示が備えられ、ロンジンの時計製造の伝統、長年にわたるスポーツとの関わり、本来備わった洗練性を見事に組み合わせた新たなクロノグラフに仕上がっています。世界中の名だたるホースイベントの興奮を味わいながら身に付ける、精巧なクロノグラフを探し求める人々を魅了することでしょう。

Related Brands