TOPICS

カルバン・クライン ウォッチに新たにジュエリーが加わりました。

Calvin Klein watches + jewelry は1/28に特別なプレゼンテーションとイベントを開催し、 2016年のカルバン・クライン ウォッチ&ジュエリーの新作を披露しました。

東京 2016年1月29日 ― カルバン・クラインとスウォッチ・グループの合弁事業、ck カルバン・クライン ウォッチ+ジュエリー社は、1/28に東京で特別なプレゼンテーションとイベントを開催し、2016年のカルバン・クライン ウォッチ&ジュエリーの新作を披露しました。イベントには、韓国の俳優・モデルであるキム・ウビンが特別参加しました。ウビンは2年連続でブランドの広告キャンペーンに起用されています。日本では今年の1月よりカルバン・クライン ジュエリーの取り扱いが開始になりました。

カルバン・クライン ウォッチ&ジュエリーのウォッチとジュエリーの新作披露はアカデミーヒルズにて行われ、明るく活気のあるイベントスペースは斬新な美学にあふれるウォッチやジュエリーの完璧な舞台となりました。商品は木材と大理石を使ったアーキテクチュラルなインスタレーションの上に展示されました。このインスタレーションは、2016年新作のシンプルでモダン、かつ正統的なアプローチを映し込んだものです。

カルバン・クライン ウォッチ&ジュエリーを身に着けた植野有砂
左からアジアのitモデルアイリーン・キム
ファッションインフルエンサ―の
メグベイビー
プロデューサーの植野有砂

モデルで女優のパスカル・マリエ・デマレ



プレゼンテーションに続いて、アンダーズ東京のルーフトップにてディナーが開催されました。ホストを務めたのは、カルバン・クライン ウォッチ&ジュエリー社長のラウラ・ブルデゼと、カルバン・クラインのメンズおよびウィメンズのシューズとアクセサリーのクリエイティブ・ディレクターを務めるオーリック・グリムです。イベントには特別ゲストのウビンを始め、エディターや業界の著名人が参加しました。


左からブロガー、ファッション
ジャーナリストのミーシャ・ジャネット
モデルで女優のパスカル・マリエ・デマレ
左からオーリック・グリム(カルバン・クライン メンズ&ウィメンズ シューズ&アクセサリーのクリエイティブ・ディレクター)
ラウラ・ブルデゼ(ck カルバン・クライン ウォッチ+ジュエリー社社長)
キム・ウビン(韓国の俳優・モデル)



新キャンペーンを撮影したのはアメリカ人フォトグラファー、キャス・バード。カルバン・クライン社内のグローバルマーケティング・広告エージェンシーがクリエィティブ面を担当して制作されました。中心となるコンセプトは「Life in the now(ライフ・イン・ザ・ナウ)」。時の直接性と関係の豊かさを浮き彫りにします。登場するのは生命力に満ちた現代のカップルたちです。女優のリサ・ボネットとミュージシャン・女優である娘のゾーイ・クラヴィッツ、アメリカ人俳優のウィル・ペルツと恋人のモデル、ケニヤ・キンスキー、ジョン・ハインとティルダ・リンドスタムのモデルのカップルがそれぞれ共に撮影されています。ウビンは中国人モデルでストリートスタイルのスターである友人のシャオウェン・ジュとともに登場します。

新キャンペーンはブランドの#ckminuteグローバル・デジタル・キャンペーンを継続し、ユーザーに購入したカルバン・クライン ウォッチ&ジュエリーの商品に関わるパーソナルで自然体な、大切な瞬間を捉えてシェアするよう働きかけます。

現代性、純粋さ、ネオ・ミニマリズムのコンセプトで表現された2016年のカルバン・クライン ウォッチ&ジュエリーのラインナップは、自然でベーシックなフォルムに回帰し、ブランドの本質的な価値観を反映しています。新作のハイライトは、大胆でグラフィカルなレディースウォッチ「カルバン・クライン クラス」、力強くコンパクトなユニセックスウォッチ「カルバン・クライン ステップ」など。ビジュアルには、なめらかな流線形の「カルバン・クライン ビヨンド」ジュエリーも採用され、コンテンポラリーな雰囲気を高めています。

カルバン・クライン ウォッチの新作はこちらの店舗でご覧いただけます。

またお近くの取扱い店舗またはジュエリーをお探しの際は下記までお問い合わせ下さい。

カルバン・クライン ウォッチ&ジュエリー/スウォッチ グループ ジャパン
TEL:03-6254-7380