TOPICS

Breguet Marine Collection

フランス海軍省御用達時計師であったブレゲの マリーン コレクション を一堂にご紹介

「時計界のレオナルド・ダ・ヴィンチ」「時計の進化を2世紀早めた男」など、至上の賛辞を一身に受けた天才時計師アブラアン‐ルイ・ブレゲ(1747~1823)。
時計を持つことが特権階級を意味した時代、彼の顧客には、ルイ16世、マリー・アントワネット、ナポレオン・ボナパルトといった錚々たる時の王侯貴族が名を連ねました。

ブレゲは1814年、フランス国王ルイ18世よりパリのフランス経度委員会の会員に任命されます。この委員会は1795年、当時の国民公会によって創設された団体で、天文学のさまざまな部門の改善と地理学や航海術、地球物理学へのその応用を使命とする約20人から成りました。
この委員会の一員に任命されたことは、学識者たちの団体への入会という画期的な一歩を記しただけでなく、ブレゲが時計師の参照されるべき基準となったこと、特にその時計が海上での経度計算にとって基準になったことを意味しました。

そして1815年10月27日、フランス国王18世が発した勅令により、「フランス海軍省御用達時計師」の公式の称号を授けられました。その称号は紛れもなく、一時計師が受けることのできる最高の栄誉に他なりませんでした。
翌1816年3月21日にはルイ18世の勅令により、フランス科学アカデミーへの入会も果たします。


マリン・クロノメーター No3196(1822年)



ブレゲのマリーンコレクションは、ブレゲがマリン・クロノメーター(航海用精密時計)の製造者として「フランス海軍省御用達時計師」に任命されたことに由来します。
この時代の時計職人にとって、海軍御用達のクロノメーターを手掛けることは、この上ない名誉でした。


長きにわたり、受け継いできたブレゲとフランス海軍との深い関係を称え、伝統と実用性が融合した堅固な作りを特徴とするマリーン コレクションの数々をブレゲ ブティック銀座にてご紹介させていただきます。会期中ご購入のお客様には、素敵な特典を御用意してございます。詳しくはスタッフまでお問い合わせください。

皆様のご来店心よりお待ち申しあげております。




フランス海軍からのマリン・クロノメーター発注書
(1820年)


会期:2016年6月20日(月)~26日(日)
会場:ブレゲ ブティック銀座
電話: 03-6254-7211

Related Brands