TOPICS

韓国スターのヒョンビンがオメガ ファミリーの仲間入り!

スイスの時計ブランドであるオメガはこの度、韓国のスターであり、日本でも絶大な人気を誇る俳優のヒョンビンをオメガ ファミリーの一員として迎え入れたことを発表いたします。

類稀なる魅力と俳優としての優れたキャリアでその名を知られるヒョンビンは、これまでアクションからドラマまで幅広い役柄を演じてきました。ブレイクのきっかけとなったのは2005年に放送されたTVドラマ『私の名前はキム・サムスン』でした。

ブレイク以降、ヒョンビンは数多くのテレビ・映画作品で主役を務め、数々の名誉ある賞レースでのノミネートや受賞を重ねてきました。第47回ペクサン芸術大賞ではTV大賞を受賞しています。

オメガ社 社長兼CEOのレイナルド・アッシェリマンは、「ヒョンビンは素晴らしい演技力を持った役者です。彼は自信に溢れています。我々は、彼が彼の仕事を通じて表現している卓越性と細部へのこだわりを讃えています。なぜならそれはオメガが大切にしている資質でもあるからです。さらに、彼のスタイルは非の打ち所がなく、その完璧なスタイルとオメガの名高い時計との融合を我々はとても楽しみにしています」と語りました。

今回の発表を受けてヒョンビンは「オメガのパイオニア精神と技術革新への姿勢は、長い歴史をかけて本物であると証明されています。彼らは歴史上、数多くの“最初の一歩”を刻んできました。私は今後オメガの哲学とメッセージを世に届け、共に新しい歴史を創っていければと思っています」と述べました。

最近の活躍として、ヒョンビンは2019年のヒットドラマ『愛の不時着』にて北朝鮮の将校リ・ジョン
ヒョクを演じています。このドラマは現在190カ国で放映されており、日本でも社会現象を巻き起こしました。2020年には、イム・スルレ監督のサスペンス映画『ザ・ネゴシエーション』にて主役の北朝鮮エージェントを演じています。

ヒョンビンはオメガ ファミリーに仲間入りしたことで、その他の著名なファミリーメンバー達と肩を並べることになります。ジョージ・クルーニー、ニコール・キッドマン、シンディー・クロフォード、ダニエル・クレイグやエディ・レッドメインなどエンターテイメント業界からの錚々たる顔ぶれに加え、数多くのスポーツ選手や探検家にも有名オメガファミリーが揃っています。