TOPICS

グラスヒュッテ・オリジナルのセネタ・クロノメーター・トゥールビヨン

世界初、フライングトゥールビヨンに秒停止機構、ゼロリセット、ミニッツデテントを組み合わせたリミテッドエディション

ドイツ、ザクセン州の小さな街グラスヒュッテでは、はるか昔からエレガンスと匠の技を融合させ、入念に仕上げられた時計がつくられてきました。高級時計に用いられる高度な複雑機構としては真っ先にトゥールビヨンが挙げられますが、1920年、偉大な時計職人アルフレッド・ヘルヴィグは、この機構を片側だけで支持することで宙に浮いているかのようなフライングトゥールビヨンを発表しました。
このたび、このアルフレッド・ヘルヴィグの発明をさらに進化させ、グラスヒュッテ・オリジナルは非常に洗練されたバージョンを発表いたしました。このザクセン州のマニュファクチュールは、初めてフライングトゥールビヨンに秒停止機構、ゼロリセット、ミニッツデテントを組み合わせることに成功したのです。これにより、非常に正確な時刻合わせが可能になりました。この世界初のプラチナエディションは25本限定で、クロノメーターとして公式認定されています。