TOPICS

2020年新作 緻密なハニカムとカーボン装飾が施されたキャリバー搭載
「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アリンギ」発表

オメガとスイスのセーリングチームであるアリンギの力強いパートナーシップは、スイスの時計ブランドの特徴である最高精度、革新、そしてパイオニア精神を最大限に引き出すものです。セーリング界におけるこのユニークなコラボレーションに敬意を表し、この度、オメガは新作モデル「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アリンギ」を発表しました。オメガとアリンギが共有する価値観とクオリティを体現するタイムピースです。

オメガ社 社長兼CEOのレイナルド・アッシェリマンは、「2つの偉大なスイスブランドが持つ、革新とセーリングへの情熱がかけ合わさって生まれたのが今回の時計です。アリンギが誇る最先端ボート製造技術に引けを取らないよう、オメガはこの時計に優れた技術と最高の素材、そしてオリジナリティー溢れるデザインコンセプトを採用しました」と述べています。

今回、モデルのベースにスピードマスターを選んだのは、水上を飛ぶように駆け抜ける高速ボートのイメージを完璧に反映しているからです。最も印象的な新作の特徴は、巧みな装飾が施されたキャリバー1865です。この手巻きムーブメントは、セーリングクルーにとって理想的な軽くて薄いデザインを実現しており、オメガはムーブメントの開発段階においてアリンギの新しいボートであるTF35カタマラン(双胴船)から着想を得ました。TF35のカーボン製船体のデザインを模して、メインプレートとバレルブリッジにはハニカム デザインがレーザー加工で施されています。また、その他すべてのブリッジにも船体に使用されているカーボンからインスピレーションを得て、レーザー加工によってブラック仕上げのカーボン デザインが施されています。

全体的な色合いは、アリンギのロゴのカラーに合わせて、情熱をあらわすレッドと高度なテクノロジーを感じさせるブラックを採用しました。それぞれの色は、ブラックラバーの間にレッドラバーをあしらい、パンチング加工を施したストラップや、44.25mmのブラックセラミックケースなど、随所でその力強さを醸し出しています。さらに外装も、スーパールミノヴァを塗布したタキメータースケールをはじめ、
赤いアリンギのロゴが施されたクロノグラフ機能のストップ/スタート用のプッシャーなど、魅力的な
仕上がりとなっています。

2つのサブダイアルにも趣向が凝らされています。3時位置の30分積算計には、レースのスタート予告/準備タイムを示す4分もしくは、5分が赤く表示されており、水上での正確な時間把握に役立ちます。6時位置の12時間積算計は、伝統的なサブダイアルデザインに代わって、アルミニウムの表面に酸化被膜をつくるアルマイト処理が施されたサンドブラスト仕上げのアルミニウム製ディスクが配され、そこに赤いアリンギのロゴが転写されています。アリンギチームのロゴは”a”の文字を基調として、レース直前に海に浮かぶ2艘のボートがイメージされています。そしてクロノグラフ機能を用いる際、このロゴが回転する仕組みになっている点も注目です。

アリンギの創設者でありチームリーダーであるエルネスト・ベルタレッリは「今回の素晴らしい最新モデル発表に際して、オメガと密接に共同開発する機会に恵まれて大変嬉しく思っています。オメガがスポーツ計時の分野で卓越した専門性を持ち、セーリング競技に対して情熱を注いでいることは、アリンギのこれまでの歩みを振り返ると明らかです。そういった意味で、今回のプロジェクトを共に進められたことは特別なことですし、実際に素晴らしい仕上がりを見ることが出来て大変感慨深いです。我々の関係をスタートさせる上でこのプロジェクトは完璧でしたし、また、新たな展開に繋がっていくことは間違いないでしょう」と述べました。

オメガとアリンギは、2019年にパートナーシップを結び、それ以降アリンギチームはすでに数々の成功を収めています。2019年6月にGC32でのワールドタイトル、同年9月にはD35トロフィーを獲得、そして11月にGC32を制しました。

 


2020年新作
「スピードマスター ダーク サイド オブ ザ ムーン アリンギ」

MovementCal.1865
手巻き、19石、毎時2万1600振動(3Hz)、48時間パワーリザーブ、グルシデュール製のテンプ
ブラック仕上げの地板とバレルブリッジにレーザー加工で“ハニカム”デザイン
ブラック仕上げのブリッジにレーザー加工で“カーボン”デザイン
※5年間の国際保証
Case径:44.25mm / 厚さ:13.80mm
防水性:50m
ポリッシュ&ブラッシュ仕上げのセラミック[ZrO₂]製ケース
ポリッシュ仕上げのセラミック製のベゼルリングにホワイトのスーパールミノヴァのタキメータースケール(グリーンに発光)
ポリッシュ仕上げのセラミック製のリュウズとプッシャー
リュウズにはオメガのロゴをレーザーエングレービング
スタート/ストップ用のプッシャーには赤いアリンギのロゴ
両面に無反射コーティングを施したボックス型のサファイアクリスタル製の風防ガラス、シースルーケースバック
ケースバックにマット仕上げの窒化クロムで“TEAM ALINGHI” “DARK SIDE OF THE MOON”の文字
Displayセンター時・分・クロノグラフ秒針、3時位置に30分積算計、6時位置に12時間積算計、9時位置にスモールセコンド
Dialブラック仕上げのアルミニウム製スケルトンダイアルにレーシングスタイルのミニッツトラックインデックスにホワイトのスーパールミノヴァを塗布(グリーンに発光)
Hands“ムーンウォッチ”スタイル
時・分針はブラック仕上げにホワイトのスーパールミノヴァを塗布(グリーンに発光)
赤いクロノグラフ秒針の先端にホワイトのスーパールミノヴァを塗布(グリーンに発光)
ブラック仕上げのアルミニウム製12時間積算計ディスクに赤いアリンギのロゴを転写
Strapブラックラバーの間にレッドラバーを配してパンチング仕上げ
Price¥1,160,000(税抜)/¥1,276,000(税込)
発売時期2020年8月発売予定