TOPICS

2021年新作
「コンステレーション スモールセコンド」

1952年に誕生した「コンステレーション」は、オメガの美しさと精密さを象徴する永遠のシンボルです。特徴的な爪とハーフムーンファセットで知られるアイコニックな外観は1982年に発表されたもので、それ以来このデザインは世界で最も認知されたウォッチデザインの一つとなっています。今年、オメガは新たに「コンステレーション」にスモールセコンド モデルを追加します。このモデルは、より多くのダイヤモンドをセットした他、ユニークなディテールが魅力です。 新しい34mmサイズのこのモデルには、18Kセドナ™ゴールド製、ステンレススティール製、またはその両素材を組み合わせたモデルが用意されます。それぞれのケースの上には、ベゼルに刻印されたローマ数字、または38石のフルカットのダイヤモンドを施しています。 2018年発表のモデルチェンジした第5世代「コンステレーション」と同じく、ブラッシュ仕上げのケースボディとブレスレットのエッジには、ポリッシュ仕上げの面取りが施されています。そして、ポリッシュ仕上げのリュウズはスリムな外観を演出しています。「コンステレーション」の最も重要な特徴である有名な爪にはポリッシュ仕上げと面取りが施され、ケースと一体となるよう滑らかに組み込まれています。 最も注目すべきは、この新しいスモールセコンド ウォッチのデザインとして、特別なシンメトリーデザインが採用されていることです。6時位置の丸い日付窓がダイヤモンドインデックスのスタート地点となり、ここを起点に徐々にダイヤモンドが大きくなっていきます。これらのダイヤモンドは18Kゴールド製のホルダーにセットされています。さらに、オメガはスモールセコンドのサブダイアルと中央のミニッツトラックにリングを添えました。いくつかのモデルには、18Kセドナ™ゴールド製のリングに、繊細なシングルカットダイヤモンドがセットされています。そして、リーフ型の針、スモールセコンドの針、オメガ ロゴ、コンステレーションの星にも、これまで同様、18Kセドナ™ゴールドまたは18Kホワイトゴールドを使用しています。 今回の「コンステレーション」の新たな魅力は、それぞれのモデルに絶妙なカラーのダイアルが採用されていることです。まず、サンブラッシュ仕上げのバーガンディのダイアルは、豊かなヘリテージと洗練された感覚を醸し出しています。 また、マザーオブパール、サンブラッシュ仕上げのピーコックブルーやライトチェスナットなどのダイアルも登場します。 スモールセコンドのモデルの中には、そのダイアルの色に合わせてカラフルなレザーストラップを採用しているものがあります。また、フルメタル バージョンには、「コンステレーション」の伝説的なリンクブレスレットをセットしています。ブラッシュ仕上げのリンクとポリッシュ仕上げのセンターバーが特徴的なブレスレットは、バタフライクラスプを備え、簡単で快適な調整が可能です。 タイムピースの内部には、オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8802、もしくは8803が搭載されており、精度、性能、耐磁性においてスイス時計業界で最高の認定基準を満たしています。また、各モデルにはオメガの5年間の国際保証が付いています。 <価格・発売予定> 737,000~4,213,000円(6月発売予定)