TOPICS

2021年新作
「シーマスター ダイバー300M ブラック ブラック」

2021年、オメガの有名なダイバーズウォッチは、ダークな側面を取り入れるべく、最も濃いブラックカラーを採用した新しいモデルを発表します。1993年にローンチされたダイバー300M コレクションに新たに加わったこのモデルは、セラミックが持つ多機能性を活かし、単一カラーの中にも、対照的な色調を放つモデルを完成させました。これまでと同様に、ダイバー300Mのオリジナルデザインを忠実に再現し、ダイバーズウォッチとして必要な機能もすべて搭載しました。さらに、見た目がいいだけでなく、暗闇の中でさえも読み取りやすいという特徴も持っています。

海における真の意味での深みと、暗闇を表現するため、ポリッシュ仕上げのブラックセラミック[ZrO2]をケースに採用した43.5mmモデルは、ケースと同じ素材のバックルが付いた一体型のブラックラバーストラップが付いています。 また、各パーツが美しく調和するようリュウズとヘリウムエスケープバルブにもブラックセラミックが使用されています。

新しいブラック ブラックは夜のカラーを表していますが、ダイアルはどの時間帯でも 読みやすくなっています。 全体的な美しさを損なうことなく、読み取りやすさを高めるため、ダイビングスケール、ブラックPVDインデックス、スケルトン針、そして12時位置のドットにはブラックスーパールミノヴァを塗布しました。これらの重要なマーカーは暗闇において異なる色に発光し、日中はダークグレーに見えます。

オメガは初めて、ブラックセラミック[ZrO2]製ダイアルのほぼすべてのディテールをレーザー加工で仕上げました。象徴的な波模様、ミニッツトラック、文字、そしてオメガのシンボルに至るまで、これらすべてをたった一枚のピースからポジティブレリーフで描いています。このユニークな加工方法により見事なコントラストが生まれ、同時に、とても個性的で統一感のある彫刻作品のような外観を実現しています。同様のポジティブ レリーフスタイルは、逆回転防止ベゼルのダイビングスケールにも採用されています。

暗闇に光をもたらしているのは、ムーブメントをはっきりと見ることができるケースバックです。
ケースバックにももちろんポリッシュ仕上げのブラックセラミックを使用し、サファイアクリスタルを使用しています。正しい位置で固定する、特許取得済みの”ナイアードロック”システムが採用され、周囲に波模様のデザインを施したケースバックには、”NAIAD LOCK”、”DIVER 300M”、そして”300m / 1000ft”の文字が金属加工であしらわれています。

ケースバックのガラス越しに、スイス連邦計量・認定局(METAS)によって精度、性能、耐磁性の業界最高水準の認定を受けた、オメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8806をご覧いただけます。5年間の国際保証は、新作「シーマスター ダイバー 300M ブラックブラック」に対するオメガの自信を証明するものでもあります。

<価格・発売予定> 1,023,000円(7月発売予定)