TOPICS

東京2020 オリンピックまであと100日!
「シーマスター ダイバー300M 東京2020 スペシャル エディション」とともにオメガがカウントダウン

東京2020 オリンピックの開催がいよいよ近づいてきました。日本で開催されるこのアイコニックなスポーツイベントの開幕まで、今日でちょうど100日となります。アスリートたちの調整も大詰めを迎える中、オリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務めるオメガは、大会への敬意を表して特別なタイムピースを発表し、本日4月14日より全国の直営店、正規販売店で発売を開始します。 今回登場する「シーマスター ダイバー300M 東京2020 スペシャル エディション」は、東京2020のエンブレムにインスパイアされた特別な配色を採用し、業界最高峰の精度を誇ります。 42mmのケースはステンレススティール製で、ブルーのセラミック製ベゼルリングには、ホワイトエナメルのダイビングスケールが配されています。またケースと一体化したポリッシュ&ブラッシュ仕上げのブレスレットもステンレススティール製です。 ベゼルのブルーカラーを引き立てるべく、ポリッシュ仕上げのホワイトセラミック製ダイアルには、レーザーエングレービングによる波模様が施され、ダイアルに奥行きを持たせています。また、6時位置の日付窓、そして赤で強調された“Seamaster”の文字がアクセントとなり、ホワイト スーパールミノヴァを塗布したブルーの針とインデックスがダイアルに彩りを加えています。 サファイアクリスタルのケースバックには、東京2020 オリンピックのエンブレムがデザイン されており、開催間近の期待感を盛り上げてくれます。ムーブメントは、スイス連邦計量・認定局(METAS)による公式認定を受けたオメガ コーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー8800を搭載しています。 オリンピック仕様の特別なプレゼンテーションボックスに入った今回のモデルには、高精度の証であるマスター クロノメーター カードが付属しており、5年間の国際保証も付いています。 オメガとオリンピックの歴史は1932年に始まり、東京2020 オリンピックは、オメガがオフィシャルタイムキーパーを務める29回目の大会となります。オメガは、これまで約90年の間に培った経験を活かして、今回の大会でも、他の追随を許さないイノベーション、精度、そして 情熱をもって、一瞬一瞬の動きを記録していきます。