TOPICS

ハミルトンのシグネチャーピース「カーキ フィールド メカ」に経年変化が楽しめる初のブロンズケースモデル登場
「カーキ フィールド メカ ブロンズ」 発売

1940年代にハミルトンがアメリカ軍に供給していたミリタリーウォッチにルーツを持つ「カーキ フィールド メカ」。軍の勲章やメダルの素材に使われるブロンズをシグネチャーピースのケースに初めて採用しました。ラギッドでノスタルジックな温かみを湛えるブロンズケースが「カーキ フィールド メカ」に新たな息吹をもたらします。

「カーキ フィールド メカ」のアイコニックなデザイン、妥協なき機能美、フィールドウォッチらしい優れた装着感は、アメリカ軍やイギリス軍をはじめとする世界各国の軍のためにハミルトンが高性能なミリタリーウォッチの数々を供給してきた歴史に裏付けられています。 1940年代の戦時下、ハミルトンはアメリカ陸軍の要請に応じて一般販売用の時計の製造を中止し、100万本以上のミリタリーウォッチを供給しました。その功績から、1943年から45年の間、軍需品生産の優れたサプライヤーのみに贈られるE-Award をアメリカ海軍・陸軍から5度にわたり受賞しています。戦時中の軍需品生産に貢献した85,000社のうち、E-Awardを受賞したのは5%にも満たない限られたサプライヤーのみで、複数回受賞したサプライヤーは極めて稀でした。 ブロンズは軍の勲章やメダルの素材にも使われ、温かみのある風合いが特徴です。真新しいブロンズの色味は夕焼けを思わせるどこかノスタルジックな風合いがあります。着用していく中で酸化によってブロンズが少しずつ変色すると、陰影に富んだ風格が生まれます。経年変化によって生まれる個体差が時計に個性を与え、ヴィンテージウォッチのような佇まいを演出します。 新しい「カーキ フィールド メカ ブロンズ」は、38mm径のブラックダイヤルを備え、軍用規格を踏襲する24時間表記のインデックスと3針を採用。インデックスは高い視認性を約束する蓄光を施し、針はケースの経年変化が起きても変わることのないブロンズトーンに仕上げています。肌に直接触れるケースバックと尾錠にはチタニウムを採用し、耐久性を高めるとともに軽量化を実現しました。ムーブメントは、ハミルトンが手巻き式時計のために開発したH-50を搭載、最長80時間の標準持続時間を誇ります。高級感のあるレザーストラップは、ミリタリーウォッチらしいNATOスタイルを採用し、ブロンズケースとマッチするラギッドなダークブラウンカラーを採用しました。 ミリタリーウォッチの豊かな歴史を継承する新たなタイムピース「カーキ フィールド メカ ブロンズ」は、6月下旬よりハミルトン直営店舗、公式オンラインブティック、及び全国のハミルトン プレミアムショップにて販売開始します。

Khaki Field Mechanical Bronze/カーキ フィールド メカ ブロンズ

ReferenceH69459530
ケースブロンズ(ケースバックはチタニウム製)
ケース径38mm
ケース厚9.60mm
ラグ幅20mm
ダイヤルブラック
スーパールミノバ®加工のニッケル時針・分針/
先端にスーパールミノバ®加工を施したニッケル秒針
ムーブメント機械式手巻き H-50
標準持続時間80時間
ベルトブラウンレザーカーフストラップ
風防サファイアクリスタル(反射防止加工)
防水性5 気圧(50mm)防水
税込み販売価格105,600円
発売2021年6月
ハミルトン直営店舗、公式オンラインブティック、及び全国のハミルトン プレミアムショップにて販売