TOPICS

1940年代から続くオメガ クロノグラフ ウォッチへのオマージュ
2021年新作「スピードマスター クロノスコープ」、10月1日より発売開始

オメガは2021年新作として「スピードマスター クロノスコープ」を発表し、10月1日より全国のオメガブティック、および正規販売店で順次発売を開始します。 このコレクションは、1940年代から続くオメガのクロノグラフ リストウォッチの歴史からインスピレーションを得て誕生しました。クロノスコープという言葉は、ギリシャ語の伝統的な2つの表現を 組み合わせたものです。時間を意味する "Chronos:クロノス "、そして観察することを意味する"Scope:スコープ "からなり、ある事象の持続時間を正確に把握するための装置を意味します。今回、新たに発表した43mmサイズの「スピードマスター クロノスコープ」は、この機能を見事に、しかも多様性を持って実現しており、精巧な文字盤にタキメーター、テレメーター、パルスメーターの3つのスケールがプリントされています。 クロノスコープのデザインには、オメガの歴史に対するオマージュが表れています。1940年代の オメガのクロノグラフ腕時計に採用されていた“スネイル”デザインがダイアルに施されているほか、20世紀の特徴であるリーフ型の針や、ダイアルのアラビア数字の下をエレガントに流れる“スパイラル”トラックパターンも取り入れています。 ケースバックのサファイアクリスタル越しに見えるのは、美しい仕上げが施された新しい手巻きのコーアクシャル マスター クロノメーター キャリバー 9908です。特に目を見張る特徴は、ブリッジのデザインです。アラベスク模様のジュネーブ装飾仕上げが、ムーブメントの中心からではなく、てん輪から始まっていますが、これはオメガにとって初めての試みとなります。またこの時計のパワーリザーブを向上させるため(60時間)、オメガは耐摩耗性のあるダイヤモンドライク カーボンコーティングを施したツインバレルを導入しています。オメガのコラムホイール機構により、クロノスコープの複数の機能を正確に作動させているのです。マスター クロノメーター認定を受けたこのムーブメントと時計は、スイス連邦計量・認定局(METAS)が定めた業界で最も厳しいテストをクリアしており、最も過酷な環境下でもその価値が証明されています。 今回は、ポリッシュ&ブラッシュ仕上げのステンレススティール製のモデル6種類と、オメガ独自のブロンズゴールドを使用したモデルの計7種類が揃います。 詳しくはこちらをご覧ください。