TOPICS

世界No.1の女性ゴルファー ステイシー・ルイスがオメガに仲間入り

世界トップランクの選手であり、かつ2013年のLPGA(全米女子プロゴルフ協会)賞金ランキングにおいても1位を維持する、ステイシー・ルイス選手が、オメガのアンバサダーリストに加わりました。

2013年4月現在で、ルイスは、2月にHSBCウィメンズ選手権、最近ではRRドネリーLPGAファウンダーズカップにおいて優勝しています。このファウンダーズカップ最終日の逆転勝利によりルイスは世界ランキングで3位から1位へと飛躍し、これは彼女のキャリアにおける重要なイベントとなりました。

オメガがメジャー大会を含め、7つのLPGAタイトルで優勝しているルイスと新しく関係を築いたことにより、オメガのゴルフ関連モデルは更に充実し、スイスの時計メーカーが ゴルフに投資し続けていることはより注目を浴びるでしょう。

2012年、ルイスは年間4勝を上げ、「プレーヤー・オブ・ザ・イヤー」の称号を得ました。同年は、3度の第2位を含め、15回にも及ぶトップ10を記録しています。そして、バーディーの数、イーグルの数、60台でラウンドを終了した数においてLPGAでトップを走りました。オハイオ・トレドに生まれ、テキサスのヒューストン近くで育った彼女は現在28歳。幼少時代に脊柱側湾症と診断され、短期大学入学前に脊椎固定の手術を受けました。よって、腰にチタン性のロッド1つと椎弓根スクリューを5本装着してゴルフをしています。

ルイスはこうコメントしています。「私はオメガ・ファミリーに仲間入りすることができて光栄です。これは私のキャリアの中でとても喜ばしいことです。決意、正確さ、そしてパワーは全て私がコースに立つ時もそれ以外の時でも大事にしていることですが、オメガはそれらを私達に見せてくれます。私はその様なブランドのアンバサダーを務めることができることを誇りに思います。」

オメガのステファン・ウルクハート社長はこう述べています。「我々はオメガ・ファミリーにステイシー・ルイスを迎えることができて非常に喜んでいます。彼女は他のアンバサダーである世界のトップ・プレーヤーたちのグループに加わったことになります。彼女は、女子ランキングのトップへ躍進したことにより、今や世界中のプロ・ゴルファーの素晴らしい模範であります。」

オメガとゴルフ
1848年の設立以来、当ブランドは、革新的な時計作りと他に類を見ない正確性で高い評価を得てきました。オメガは1932年にマリン・クロノメーターと唯一認定される腕時計を製作し、また、スピード・マスターは全6回の月面着陸プロジェクトにおいて着用されました。オメガはヨーロピアン・マスターズドバイ・デザート・クラシックとドバイ・レディース・マスターズのタイトルスポンサーを務めながら、長年ゴルフを国際的に支持してきました。2011年7月、オメガはPGA of America(全米プロゴルフ協会)とのパートナーシップを結んだこと、そして2016年は年間を通してそのオフィシャルタイムキーパーを務めることを発表しました。
その協定によって、オメガはゴルフ界で大きく躍進しました。4つのメジャー大会の1つであるPGAチャンピオンシップや、(米国で開催される場合の)ライダーカップを含め、全米プロゴルフ協会の全イベントにおいてタイムキーパーの責務を得たのです。

2009年、「ゴルフは1世紀をはるかに超えたのちにオリンピック種目に復帰する」というIOCの宣言をオメガは歓迎しました。それが実現するのは、オメガがオリンピックのオフィシャルタイムキーパーを務める27回目になる、2016年オリンピック リオデジャネイロ大会となるでしょう。

Related Brands