TOPICS

ジャケ・ドロー海外情報「時の至宝展(The Hong Kong Jockey Club Series : Treasures of Time)」が2019年4月10日まで開催中

香港科学館で開催されている特別展において、故宮博物館(紫禁城)に所蔵されている、インペリアルコレクションからジャケ・ドローのアンティーク作品が披露されています。

「時の至宝展(The Hong Kong Jockey Club Series : Treasures of Time)」と題された特別展が、2019年4月10日まで香港科学館(Hong Kong Science Museum)で開催され、故宮博物館(紫禁城)所蔵のコレクションからジャケ・ドローの置時計とオートマタが公開されています。同博物館に所蔵されている作品が外部に持ち出されることは稀で、極めて重要な作品を目にする貴重な機会となります。この展覧会は2018年のブランドの創業280年を記念する展覧会の一環として開催されております。
ロンドン サイエンス・ミュージアム(London Science Museum)と故宮博物館(紫禁城)の支援によって、清の皇帝(乾隆帝)のコレクションの至宝とも言えるジャケ・ドローのユニークな作品を始めとする、比類のない作品を見る機会が提供されています。18世紀の宮廷生活に不可欠であった置時計とオートマタは、中国とジャケ・ドローの数百年に及ぶ密接な関係を物語っています。そもそも「ジャケ・ドロー」一族の名を北京語に訳した最初の人物が乾隆帝であり、それが今日でも変わらず使われています。
1774年頃、ジャケ・ドローのロンドンの工房が広東の代理店と関係を築くと、ほどなくして中国の宮廷の信用を得ます。こうしてジャケ・ドローは、紫禁城に足を踏み入れた最初のスイスの時計ブランドとなりました。清の歴代皇帝は、ジャケ・ドローの自然に対する感性と数々のオートマタ(置時計、嗅ぎタバコ入れ、懐中時計)に見る驚愕の芸術に魅了され、個性的な作品を集めて類稀なコレクションを作り上げます。詩情と時計の芸術を融合させたジャケ・ドローは、鳥籠と囀る鳥のオートマタに息吹を吹き込み、皇帝とその家臣たちを虜にしたのです。このジャケ・ドローと中国の永きに渡る友情は、ピエール-ジャケ・ドローの時代に、10年で600点以上の作品が輸出された事実によって証明されています。
この「時の至宝(Treasures of Time)」展は、こうした初期のオートマタの数々を振り返る機会を与えてくれます。香港科学館(Hong Kong Science Museum)、ロンドン サイエンス・ミュージアム(London Science Museum)、故宮博物館(紫禁城)がこれらのオートマタに関心を寄せる理由は、およそ3世紀前からジャケ・ドローが発揮してきた才能を認めているためです。懐中時計、置時計やオートマタは、発表されたその当時の遥か先を行く希少な創意と技術力を証明し、自然、人間、そしてヒューマノイド(人型ロボット)に命を吹き込んできました。作品1つ1つが、18世紀から受け継がれてきた細密画、エングレービング、エナメル装飾、宝石のセッティングといったジャケ・ドローの「驚愕の芸術」を現代に継承する装飾工芸技術を現在に伝えています。

« Some watches tell time. Some tell a story »


「時の至宝展(The Hong Kong Jockey Club Series : Treasures of Time)」

会場: 香港科学館
会期: 2018年12月7日(金)~4月10日(水)
URL : https://hk.science.museum/ms/tot2018/eindex.html