TOPICS

グラスヒュッテ・オリジナルがSeaQパノラマデイトの新バージョンを発表

新たなラインアップが揃った記念にインスピレーションンソースとなった1969年のオリジナルモデル ”Spezimatic Typ RP TS 200” をブティックで特別に展示

エレガントなレッドゴールドにパワフルなブラック、スティールとゴールドのバイカラーに印象的なグレーが見事に出会いました。2020年、ダイバーズウォッチのSeaQパノラマデイトに2つのバージョンが、昨年発表されたばかりのまだ新しいスペシャリストコレクションに加わります。新しいバージョンは、ブラックの文字盤にレッドゴールドのバージョンと、グレーの文字盤にステンレススティールとレッドゴールドのバイカラーのバージョンのコンテンポラリーな構成です。

1969年に発売された オリジナルモデル ”Spezimatic Typ RP TS 200” を特別展示

昨年発表された新しいコレクション、スペシャリストより初のダイバーズウォッチ”SeaQ”が発売され1年が経ちます。
今年さらにバリエーションが追加され、新たなラインアップが揃った記念にSeaQのインスピレーションソースとなった“Spezimatic Typ RP TS 200”をブティックにて特別に公開しております。

戦後1969年グラスヒュッテ・オリジナルの前身、国営産業だったGUB時代に発表された初のダイバーズウォッチ“Spezimatic Typ RP TS 200”。
約50年前にザクセン州グラスヒュッテでつくられたこの時計もすでに高品質と絶対的な信頼性の代名詞となっていました。
ブラックの文字盤に加工された「Rubis 26」の文字はキャリバー75の品質の高さを、「Shockproof」は当時すでに非常に安定した製造方法が採用されていたことを示します。
この歴史的モデルのデザインを受け継ぎ、最高レベルの機構、入念な装飾仕上げ、最先端の素材、そして堅牢な構造を取り入れ、伝統をよみがえらせたタイムピースが”SeaQ”なのです。

本国ドイツの時計博物館では、グラスヒュッテの他の歴史的計器用時計と並んでこの ”Spezimatic Typ RP TS 200” が展示されています。

是非この機会に歴史的なモデルとそれを基に現代的に蘇らせたグラスヒュッテ・オリジナルの最新のダイバーズウォッチを一緒にご覧ください。

場所: グラスヒュッテ・オリジナル ブティック銀座
期間: 2020年8月21日(金)~ 9月6日(日)
営業時間: 平日から土曜日 11:00 – 20:00  日曜・祝日 11:00 – 19:00
Tel: 03-6254-7266
Eメール: GlashutteOriginal.Boutique.Ginza@jp.swatchgroup.com